更年期障害と似た自立神経失調症の特徴を知ろう

更年期障害対策法

統合失調症の特徴とは

自立神経失調症と同じく、失調症の種類で統合失調症と呼ばれる病気があります。統合失調症は幻覚や幻聴、興奮状態などの症状が見られるので、同じ失調症の名を持つ自立神経失調症とは全く異なる症状が見られます。

自立神経失調症について

ドクター

自立神経失調症は更年期障害の一つ

女性の更年期障害には、自立神経失調症も含まれる事があります。特にやる気が出ない、だるい、疲れが取れにくいといった症状は更年期障害の症状よりも自立神経失調症の症状が出ていることが多いのです。

単体で起きる自立神経失調症の特徴

更年期障害とは別に、自立神経失調症が単体で起きてしまうと体の中で休めるために働く神経と動く時に活発にある神経の両方が複雑に働くので、矛盾した症状が出てきます。疲れているのに眠れないといった症状が、代表的です。

自立神経失調症の対策方法

自立神経失調症の対策としてはしっかりと体をリラックスさせることです。そのために、趣味に没頭したり、漢方などを服用して体の内側から休めるようにしたりなど体質改善を行なうことが効果的とされています。