更年期障害を治す方法は大きく分けて3つ

更年期障害対策法

珍しい男性更年期障害の症状とは

男性の更年期障害ではEDを発症する

男性の更年期障害も、女性同様にホルモンバランスが崩れてしまうことが原因の一つになります。男性ホルモンが低下すると勃起不全、EDと呼ばれる症状が発症し、性力の衰えが見られるのです。

集中力が著しく低下してしまう

仕事に一生懸命だった方ほど、男性更年期障害を患ってしまいやすいとされています。更年期障害になると大きく集中力が低下してしまうので、物分りが悪くなるとされているのです。そのため、仕事に影響が出る人もいるでしょう。

やる気が起きなくて元気が出ない

女性の更年期障害と同じく、男性更年期障害でも無気力の症状は現れます。ホルモンは元気を作り出すために必要な物質になっているので、減少するにつれて無気力になってしまうのです。

眠れない・眠気が訪れない

不眠は男性更年期障害の症状の中でも多く、今までぐっすり眠れていたのに何故か眠れなくなってしまうことが多いようです。また、不眠の逆に過渡に眠りすぎてしまうという症状もあります。

突然訪れる不安感やモヤモヤ

何でもないのに突然不安になったり、急にモヤモヤした気分になってしまうのも男性更年期障害の特徴です。これもホルモンが影響して、脳内の神経をおかしくしていることが原因とされています。

更年期障害の治療

相談

ホルモンバランスを整えるHRT

HRTと呼ばれる治療は、閉経してしまった更年期に対して効果的なホルモン補充療法になります。ホルモンバランスが崩れてしまって起きてしまう更年期障害は、そのバランスを薬剤によって補えば改善するのです。

更年期障害以外でも使用される漢方

漢方による更年期障害の治療では、HRTを使用できない場合や精神的な症状以外で体が痛んだりする時に用いられています。漢方は、全て自然の物を原料にしているので、薬剤に対してのアレルギー体質の方でも服用することが出来ます。

うつ病の治療にも効果的な抗うつ剤

更年期障害には肩こり、動悸以外にもうつ病近い精神的な症状が現れるケースがあります。この場合には、肉体的な問題より症状が悪化してしまう可能性もあるため、抗うつ剤を使用することがあるのです。

メンタルの改善が主なカウンセリング

子育てが終わり、子ども達も自立していく更年期には話相手がいなくなることで更年期障害を誘発することがあります。カウンセリングで専門家がしっかりと話を聞き、相談に乗ることでストレスから開放することが出来ます。